来年度、市民ギャラリーの募集

今年度の美術館の営業は10月11日(月・祝)をもって終了いたしました。

来年度の開館は4月末~5月上旬頃を予定しております。

また、それに伴い2011年度の市民ギャラリーの利用を受付いたします。

募集期間は5月~10月までの期間です。

■お問合せ先:TEL.0123-52-3456(夕張リゾート・予約センター)美術館・学芸員まで

■美術館の最新情報はコチラ↓(ツイッター)

http://twitter.com/YUBARI_ART_MUSE

 

 

明日、美術館最終日

夕張市美術館では、明日が今年度の営業最終日となっております。

10月12日(火)~2011年度春まで冬季休館にはいります。

美術館の隣の渓谷も紅葉で一段といい眺めになりました。

紅葉がりと合わせて、美術鑑賞はいかがでしょうか。

最終日、皆様のご来館を心よりお待ち申し上げます。

 

 

 

今期の営業残り5日

夕張市美術館では、今期の営業を残すところ後5日となりました。

常設展示では夕張に縁のある作家さんを中心に約80点以上、

絵画・日本画、書道、写真、版画など様々な作品をご紹介しております。

出展作家は、幼少期を夕張で過ごした佐藤忠良、斎藤清。炭鉱画家と呼ばれる畠山哲雄、小林政雄。

北海道を代表する書家の桑原翠邦、藤根星洲など。

この機会に是非、紅葉深まる夕張にお越し下さい。お待ちしております。

 

 

 

 

■開館期間:10月11日(月・祝)まで

■時間:午前9時30分~午後5時まで

■入館料:おとな700円、シニア(60歳以上)600円、高校生500円、小中学生300円

※団体割引有り、15名様より

■お問合せ先:TEL.0123-52-0930(夕張市美術館)

修復作品、美術館に戻る

先日、全道展会員の彫刻家・二部黎さんが夕張市美術館にお越しになられました。

以前、夕張の清陵町にあった創作の館で活動してた作家さんです。

今回、二部さんに修復を依頼した作品が久しぶりに美術館に戻ってまいりました。

館内で特別展示をしておりますのでこの機会に是非ご覧下さい。

 

 

 

 

 

夕張美術協会公募展開催中

現在、夕張市美術館・市民ギャラリーにて開催中の「秋の夕張美術協会公募展」

会期も残りわずかとなりました。

本展は今回で戦後から56回目を数える伝統の催しです。

協会会員・会友をはじめ、市内夕張高校の美術クラブの生徒などの一般公募作品をご紹介しております。

油彩や水彩画、インスタレーション(立体表現)など29点出展されています。

10月11日(月・祝)まで好評開催中です。

■時 間:午前9時30分~午後5時まで(最終日4時30分まで)

■観覧料:無料

■会 場:市民ギャラリー

■お問合せ先:夕張市美術館 TEL.0123-52-0930

DSC09527.JPG